社長挨拶

21世紀型の循環社会に向けて...「ゴミを資源に」

久香リサイクルのあゆみ

当社は昭和60年、香川県の山奥で産声を上げました。
創業当初はセメント会社へセメント燃成用として丸タイヤを供給してきましたが、廃タイヤ利用工場の丸タイヤ燃焼からカットタイヤ燃焼への設備転換にともない、平成11年5月にタイヤ切断機を設置しカットタイヤの納品を始めました。

その後、製紙工場・化学工場で自家発電用燃料としてのタイヤチップ需要が高まり、平成16年より発電用タイヤチップの製造納品を開始しました。
現在は本社所在地の香川県を始め国内4ヶ所に拠点を展開し、西日本全域の排出事業者様へ回収にお伺いさせていただいております。
回収したタイヤは国内工場で破砕・切断され燃料として生まれ変わり、製紙工場などの稼働エネルギーとして利用されています。(サーマルリサイクル)

今後も当社はサーマルリサイクルを中心に事業を推進し、循環型社会の発展を目指して日々努力してまいります。

環境と未来を考える

近年、地球環境への配慮、代替エネルギーの開発利用が急務となっております。
また、みなさまの廃棄物の適正処理・法令順守に対する意識も非常に高まっております。
当社は、昭和60年創業以来、廃タイヤの適正処理に誠心誠意努めてまいりました。
久香リサイクルは、社会の一員として、自社だけが成長するのではなく、企業活動による社会貢献を追及する事が収集運搬・処分業者の責務と考え、今後とも適正処理とリサイクル活動に邁進してまいりますので、一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

久香リサイクル株式会社
代表取締役 香川 祐輝